気まぐれな多摩散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の高尾山−2

<<   作成日時 : 2008/05/31 07:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日はハッキリしない天気で、一日中小雨が降ったり止んだりしていました。

 今日も朝から雨が降っていて寒そうです。
 もう梅雨のような感じですが、家でゆっくりとしていたいと思います。


      5/29 植物観察の会の続きです。

      朝からの雨は小降りになりましたが、ずっと降り続いていました。

      そんな雨に煙る緑の中に、黄色のジャケツイバラがきれいでした。

 ジャケツイバラ(マメ科)            ジャケツイバラ(マメ科)画像画像










 ジャケツイバラ(マメ科)                ジャケツイバラ(マメ科)画像画像















      先週見たときよりも花がよく咲いており、緑の中に映えていました。
     林道から少し上のほうを見渡すと、あちこちにジャケツイバラの黄色
     い花が見えます。今が丁度よい時期なのでしょうか。

      林道を歩いているとサルナシの花が落ちていて、上を見上げると
     サルナシの花が咲いていました。

  サルナシ(マタタビ科)雄花         サルナシ(マタタビ科)雄花画像画像










      サルナシ ・・・・マタタビ科。
               花期・6月上旬〜7月上旬
               高さ・つる性の木
               環境・山地の林縁
               花もそうだが、俵形の果実を切ってみると、
               小さいながらキウイフルーツそっくりで熟す
               とおいしい。キウイフルーツ(シナサルナシ)
               と同じ仲間だからだ。ただ雄しべの葯は黒
               紫色である。葉裏が白いウラジロマタタビも
               よく見かける。
              (高尾・奥多摩植物手帳を参照いたしました)


      エゴノキの花と、ウリノキの花が一つ開いていました。

  エゴノキ(エゴノキ科)           ウリノキ(ウリノキ科)画像画像










      クマノミズキとシラキ、ヤブムラサキはまだ蕾でした。

  クマノミズキ(ミズキ科)           シラキ(トウダイグサ科)画像画像










               ヤブムラサキ(クマツヅラ科)
画像


      キブシとウワミズザクラの実ができ始めていました。

   キブシ(キブシ科)             ウワミズザクラ(バラ科)画像画像













      ハンショウヅルが咲いていました。

  ハンショウヅル(キンポウゲ科)        ハンショウヅル(キンポウゲ科)画像画像













      ヤマグワの実が色づいてきており、ヤマボウシの花も白くなって
     きていました。

  ヤマグワ(クワ科)             ヤマボウシ(ミズキ科)画像画像











      雨の中の林道を歩いていると”ヤツワクガビル”という、大きな
     陸生のヒルに出会うことがあります。

      今回もメンバーの方たちが出会いました。
      初めに見た時は、大きなミミズをこのヒルが追いかけていたそう
     です。ヒルの方が動きが遅いのかと思いましたが、意外に早くミミ
     ズに追いつき、横からくわえてしまったそうです。自分と同じくらい
     の太さのミミズを徐々に飲み込んでしまいます。

            ミミズを飲み込んでいるヤツワクガビル
画像


      名前のヤツワは体を作る1つの体節が、八つの輪(体環)から
     できていることによるそうです。クガは陸地をさす言葉で、クニガ
     (陸・国処)の転がクヌガからクガになったそうです。

      あのキアシナガバチの巣の様子です。

      5/15                      5/22画像画像










                      5/29
画像


      巣がまた一回り大きくなっていました。部屋の長さが深くなって
     いますね。そして、真ん中の部屋に蓋?ができていました。これが
     できると中はサナギになって、もうすぐ羽化する状態だと思います。
      この女王バチももう少し頑張れば子供が誕生しますが、それまで
     巣が存続できるかどうか、少し心配ですね。

      あとはツバメの巣ですが、先週は何も見えなかったのですが、今回
     はどうやら卵を抱いているようです。オスかメスかは分かりませんが、
     巣の中でジッとしていました。

                  ツバメ
画像


      このツバメもヒナがかえるといいですね。

      今回は雨の中でしたが、バイカウツギやジャケツイバラ、サルナシ、
     サイハイラン、オオバアサガラなどが見られ、よかったと思います。

      参加された皆様には、お疲れ様でした。

      また、いつもながら先生には、ご案内からご説明、ご指導までして
     いただきまして、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
五月最終の日は、寒い雨の日になりました。
五月晴れだなあと思った日はほんの何日かでした今年の五月。
雨の日の山道を歩くのは大変でしょう。
こんなに沢山の花や木の名前は、図鑑か何かご持参なのですか。

ツバメはオスメス交代で卵を温めているのでしょうか。鶏なんか、オスは何一つ役立たずだけど・・
こうご
2008/05/31 14:08
 こうごさん いつもありがとうございます。

 本当に今日も小雨が降り止まず、寒い日でした。

 雨の日の山歩きは何かと大変ですが、人がいないのはいいですね。
 私は図鑑は持ち歩きませんが、持っておられる方もいます。でも、先生がおられますので、まず分からないものはありません。

 ツバメはメスが卵を温めるのだそうですね。でもオスは巣作りと子育ては一緒にやりますし、抱卵もメスがエサをとりに行ったときなどは代わって行うそうですから、鶏とは違うようですね。
自然盆人
2008/05/31 18:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の高尾山−2 気まぐれな多摩散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる