気まぐれな多摩散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月の高尾山−3

<<   作成日時 : 2008/05/18 06:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 昨日は午前中は晴れてよい天気だったのですが、午後からは曇りがちになり
雷が鳴ったり、雨もぱらつく変な天気でした。

 朝の天気ではどこかへ出かけようかとも思ったのですが、土曜日でどこも人が
多いだろうと思い、出かけるのはあきらめました。
 その代わりに午後から何ヶ月ぶりかに散髪をしてもらいました。最近は散髪の
期間が延びてきていますが、ますます少なくなっているのだと思います。


      5/15 植物観察の会の続きですが、虫や鳥です。

      この日は久しぶりに天気がよくなり、気持ちよく集合場所の高尾駅
     北口に行きました。
      少し早く着いたため、駅周辺をブラブラしてみました。

      ある家の窓枠にキアシナガバチが巣を作っていました。
      まだ、女王バチが一匹だけのようです。

              キアシナガバチ
画像


      見ていると、すぐに飛び立っていきました。
      しばらくして戻ってくると、巣の各部屋?に頭を突っ込みエサを
     やっているのか、世話をしているのか動いていました。

画像画像










画像画像










      その後は巣の状態を確認しているのか、あるいは補強をしている
     のか、盛んに働いていました。

画像画像










画像画像










      その後、また飛んでいきました。本当に忙しそうでした。
      女王バチは昨年から越冬して、最初は一匹で巣作りから子育てまで
     を行うようですが、働きバチが育つまでは大変だと思います。

      しかし、このハチの巣がいつまで存在できるかは非常に不安です。
     この家の人が見つければ、処分されることは確実だと思うからです。
      次に高尾駅に行ったときには果たして、どうなっているでしょうか。

      次に、交番のそばでツバメが巣材をくわえているのを見つけました。

画像


      交番の軒下に巣を作っているようです。何度も出入りをしています。

画像画像










      ありました。巣作り中なのでしょうか。

画像画像










画像


      このツバメもうまく子育てができるといいと思います。

      ミツバウツギの花にカラスアゲハ?がきていました。

 カラスアゲハ                カラスアゲハ画像画像










 カラスアゲハ                カラスアゲハ画像画像










      カワトンボ?とあとは何の幼虫でしょうか。

   カワトンボ画像画像











      今回の植物観察は天候にも恵まれ新緑の中を歩き、とても気持ちが
     よかったです。ただ、いつもより少し距離が長かったのか、少し疲れが
     出ました。

      参加された皆様にはお疲れ様でした。

      また、先生にはいつもながら、ご案内からご説明ご指導までしていた
     だきまして、誠にありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日、一昨日とADSL不調で、こちらへはどうしても入れずエラーになっていました。
今日はそれも回復していてさっと入って来れました。
何時ものように何時ものような事ができないと、イライラします。

蜂と蝶とツバメと、面白く拝見しました。
どれもここらで見かけます。昔はツバメの巣は泥と藁のような物で出来ていましたが、今は田んぼが0%のここいらです。巣の材料は何処から運ぶのかしらと思っています。商店のテントの内側に巣をかけて、下に糞除けが作ってあります。お店の人の暖かさを感じますね。
夜も明るい商店街で、夜通し鳥の声がしています。このテントの中はカラスの害を受けなくて安全らしいです。

蜂の巣は、気の毒だけど落としますね。去年も刺されました。
蝶は、カボスと山椒に卵を産み付けに来ます。家の中に入れて羽化するのを楽しみに育てたり、虫同士でも争って落ちた方は落ちて死ぬんですよね。
こうご
2008/05/18 20:48
 こうごさん いつもありがとうございます。

 ADSLの不調が回復してよかったですね。パソコンや回線が不調というのは本当にイライラしますね。

 蜂とツバメと蝶と、こうごさんに楽しんでいただけ嬉しい限りです。
 このツバメは高尾ですから、近くには泥や藁のようなものはあるのだと思います。
 今年はツバメの数が少ないという話を聞いていますが、南の方で何かあったのではないかという人もいるようです。
 蜂の巣は家の人が見つけたらすぐに処分してしまうと思います。この女王バチが選んだ巣作りの場所が悪かったということでしょうね。人に危険ですからね。
 私の実家にもカラタチの木があり、毎年アゲハチョウが卵を産んで幼虫がいるのをよく見ていますが、幼虫同士が争っているのを見たことはありませんでしたので、今度は注意して見てみたいと思います。

自然盆人
2008/05/18 22:27
自然盆人さん、コンバンハ。
ツバメは好いですが、蜂は恐いですね。良くこんなに大きくハッキリと写せましたね。恐くありませんでしたか?
この記事を読んでいて、私も5月初め頃の出来事を思い出しました。我家の上の御宅のベランダ辺りから、烏が針金のハンガーを銜えて森に向けて飛び立ったんですよ。ブルーのハンガーがハッキリと見えましたよ。テレビや新聞などでは巣材にハンガーが使われている写真を見ますが、実際に烏が銜えて飛んでいるのは初めてです。ビックリしたやら、可笑しいやら……♪
ジュン
2008/05/18 23:40
 ジュンさん、こんばんは。こちらにもありがとうございます。

 蜂はスズメバチでなければ、子供の頃よく刺されましたので、あまり怖くはありませんでした。静かにしていればめったに攻撃はしてこないと思います。
 最近のカラスの巣材は針金ハンガーが多いと聞きますね。人家から手軽にもっていけるからなんでしょうかね。カラスにとっては真剣なんでしょうね。
自然盆人
2008/05/19 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月の高尾山−3 気まぐれな多摩散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる