気まぐれな多摩散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉(明月院)

<<   作成日時 : 2008/02/23 07:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日も大変暖かく過ごしやすかったのですが、また、今晩からは寒くなる
ようです。

      このような暖かさが続きますと、寒くなってもまた暖かくなると思
     えますので、気持ちが暗くなりません。
      そして気がつくと、いつの間にか春になっているのだと思います。


      2月21日の植物観察の会の続きですが、鎌倉散在ケ池の南側
     から住宅地を通り明月院に到着しました。

               明月院の門
画像


      あのアジサイで有名な明月院です。別名アジサイ寺ともいわれる
     そうですが、ほとんどの方が知っていると思います。

      明月院はパンフレットによりますと今から830年前、永暦元年
     (1160)に創建されたそうです。以下のいわれは省略いたします。

      拝観口で拝観料300円を払い中に入りました。

                拝観口(中より)
画像


      小さな橋を渡るとすぐに山門が見えます。
      右手に竹やぶ、山門へ続く緩やかな階段(参道)の両側に、きれい
     なアジサイが今は咲いておりませんが、じっと眺めると、その景色が
     浮かびます。

                 山門
画像

          (両側のアジサイの花を想像してください)

      山門を入ると本堂があり、その前には枯山水の庭園がありました。

    本堂                       枯山水庭園画像画像










      本堂の左手には開山堂があり、その右手には”瓶の井”、左手には
     ”明月院やぐら”があります。

  明月院やぐら                     瓶の井
画像画像










      この開山堂の裏手には、マンゲツロウバイでしょうか、よい香りを
     漂わせながら、きれいに咲いていました。

画像画像










      明月院やぐらの手前には”花思い地蔵”という、お地蔵さんが
     ありました。なにやら、花好きの方には共感を呼びそうです。

画像画像










      梅の花も咲いていました。

    紅梅                          白梅画像画像















      こんな中、タイワンリスが遊びに来ていました。

画像画像










      タイワンリス・・・・・日本への帰化動物だそうです。
                 1935年に伊豆大島の公園から逃げ出し
                 たのを皮切りに、日本各地に観光用として
                 放されたものが野生化しているそうです。
                 ここ鎌倉のタイワンリスは、1951年に
                 江ノ島植物園で飼われていた54匹が台
                 風で飼育小屋が壊れ逃げ出して、弁天橋
                 を渡り繁殖した説と、別荘地で飼われてい
                 たものが逃げ出し、野生化した説とがある
                 そうです。
                 在来種のニホンリスと競合し、ニホンリス
                 の地域的な絶滅要因になる可能性が懸念
                 されているそうです。
                 椿の蕾や収穫前の果実を食べたり、樹皮を
                 剥がしたりの食害と、電線や電話線をかじっ
                 たり、屋根などをかじるなどの被害も出てい
                 るそうです。
                 2005年に特定外来生物に指定されたそう
                 です。


      かわいらしい顔をしていますが、意外にいたずら者のようです。

      こんな中、マンサクがきれいに咲いていました。

画像画像










      このようなきれいな花にメジロがきて蜜を吸っていました。

   マンサクにメジロ                 ロウバイにメジロ
画像画像










      明月院では、ロウバイやマンサクなどの花を楽しませていただき
     ました。

      明月院を後にし、北鎌倉に向かいました。

      道沿いには小さな美術館やコーヒーショップ、焼き物などの店が
     あり、興味を引かせます。

画像画像










      沿道の高級住宅の門前に、大きな梅の古木があり、満開に花を
     咲かせていました。
      満開の梅にやはりメジロがきて蜜を吸っていました。

画像画像










画像

画像画像










      北鎌倉の駅で解散でした。

      この日は大変暖かく快適な観察会でした。

      今の時期にしか見られない木の芽やシダ類をたくさん観察しました
     が、個人的には全く知識が無いため理解しにくいところもありました。
     少しずつ勉強していきたいと思います。

      明月院は初めて来ましたが、アジサイの時期もよいのでしょうが、
     人の少ない今の時期もよいものでした。

      今回も参加された方々には、お疲れ様でした。
      そして先生には、いつもながら、ご案内からご指導まで、大変あり
     がとうございました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自然盆人さん、こんにちは。
明月院ですか。紫陽花寺として有名ですが、私も2度とも、梅や水仙の時季でした。
メジロ、良く撮れていますね。チョコチョコよく動くのに、こんなにシャッターチャンスがあるなんて、やっぱりお上手なんですよ。
ジュン
2008/02/23 13:04
 ジュンさん こんにちは。
 また見ていただきありがとうございます。

 紫陽花のない明月院は人が少なく、これもまたいいですね。
 メジロはカメラ任せのオート撮影ですから、たまたま運よく撮れたものをのせました。決して上手いことはありません。
 従って、ピントがメジロには微妙に合っていませんよね。
 でも、メジロの表情や動きなどの雰囲気がわかればいいのかなと思っています。
自然盆人
2008/02/23 16:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉(明月院) 気まぐれな多摩散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる