気まぐれな多摩散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉(散在ケ池)

<<   作成日時 : 2008/02/22 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日は暖かく大変よい天気の中、植物観察の会に参加してきました。
今日はもっと暖かくなり、春は近いようです。


      この日は鎌倉・散在ケ池(サンザガイケ)周辺の自然や植物の
     観察でした。

      午前9:45大船駅に集合でしたので、朝7:00過ぎに家を出ま
     した。久しぶりに通勤電車に乗りましたが、運よく座れ快適でした。

      電車の遅れが多少あったにもかかわらず、参加予定の方々は
     全員9:45には集合できました。

      大船観音の見えるバス停から、鎌倉湖方面行きのバスに乗り、
     今泉不動というバス停で降りました。

               大船観音
画像


      まず、”今泉不動称名寺”に向かいました。

      途中にあったコモチシダです。

画像


      称名寺境内に入り、六地蔵や本堂の前を通り抜け、苔むして擦り
     減っている石段を登りました。
      途中、アカガシの大木の間から”陰陽の滝”の男滝、女滝が眺め
     られました。

              苔むした石段
画像

   アカガシ                      陰陽の滝
画像画像










      この上には不動堂、三十六童子、大日如来がありました。

            三十六童子と大日如来
画像


      この上の常緑樹などを観察する予定でしたが、立ち入りができず
     引き返しました。

      境内の百日紅(サルスベリ)の木についていたサルノコシカケ?
     まさか、猿が落ちないように生えたのではないでしょう。

画像


      称名寺を出て、”せせらぎの小径”を通って、散在ケ池に向かい
     ました。

      途中で見られた木の芽や実などです。

   ウツギ?                     ハコネウツギ?画像画像










  ミズキ(ミズキ科)                 ハンノキ(カバノキ科)画像画像










  せせらぎの小径                  途中にある崖画像画像










  オオイタビ(クワ科)           テイカカズラ(キョウチクトウ科)の種子画像画像










      途中の椿の木にタイワンリスの噛み痕がついていました。
     この辺にはタイワンリスが生息していて、あちこちで見かけます。
     でも、この噛み痕は凄いですね。ねずみと同じように、歯が伸び
     てきてしまうのでしょうか。

画像


      散在ケ池に着きました。

  散在ケ池のいわれ                 散在ケ池画像画像










      池にはたくさんの鯉が泳いでいました。
      そして、水鳥もいましたが、私達が来たためか遠くの木の下に隠
     れてしまいました。
      オシドリがいるということなのですが、肉眼では見えません。

   マガモ                       オシドリ?画像画像











画像


      ここで少し早かったのですが昼食となりました。

      昼食後、明月院へ向かうことになりましたが、その間に観察した
     植物などです。

      タチツボスミレが咲いていました。

画像


      シダ類です。
      ここにはたくさんのシダ類がありましたが、名前はよく理解でき
     ませんでした。

  ホウライシダ                    ベニシダ
画像画像










  オオバイノモトソウ                  リョウメンシダ画像画像










      途中から見える散在ケ池

画像


 オニシバリ(ジンチョウゲ科)             ツルマサキ(ニシキギ科)
画像画像










    トチノキ(トチノキ科)の芽            ホオノキ(モクレン科)の芽画像画像















  カラスザンショウ(ミカン科)          カンアオイ(ウマノスズクサ科)画像画像










  ヤブツバキ(ツバキ科)              ヤブツバキ(ツバキ科)画像画像










      ここで散在ケ池森林公園を出て、住宅地を通り明月院に向かい
     ました。

      途中にあった夏ミカン?が何かに食べられていましたが、タイワ
     ンリスでしょうか?それとも猿?でしょうか。

画像


      住宅地にあったフサアカシア(ミモザ)?とアオノリュウゼツラン?

  フサアカシアの蕾?               アオノリュウゼツラン?画像画像










      これから明月院に入るのですが、この続きは次回にいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自然盆人さん、コンニチハ〜。
大船観音、青空に白い観音様が映えて、綺麗ですね。私もこの前日、新宿から河津に向かうスーパービュー踊り子の車窓からこの観音様を久々に見ました。花でも大自然でも建造物でもバックは青空に限りますね。
椿の木にタイワンリスの噛み痕……まるで自然の樹皮のようですね。綺麗に付けるものですね。椿には可哀想だけど、珍しくて楽しんでしまいましたよ。
ジュン
2008/02/22 17:00
 ジュンさん また見ていただきありがとうございます。

 ジュンさんも前日、大船の観音様をご覧になったんですか。踊り子号から見るのもきれいだと思います。河津では桜が咲き始めていたのではないでしょうか。桜が咲けば、もうすぐ春になりますね。
 鎌倉の方にはタイワンリスがたくさんいるようですが食害などで、特定外来生物に指定されているらしいです。見た目にはかわいいのですが、いたずら者のようです。
自然盆人
2008/02/22 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉(散在ケ池) 気まぐれな多摩散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる