気まぐれな多摩散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の雑木林−1

<<   作成日時 : 2008/02/01 08:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は朝から気持ちよく晴れているようですが、気温は昨日より低いそう
です。でも、なんとなく日差しが春めいているような気がします。

      昨日は久しぶりに植物観察の会に参加して来ました。前回は風邪の
     ため休んでしまいましたので、昨年暮れ以来の参加となりました。

      天候は晴天に恵まれ、朝のうちは風が冷たかったのですが、日中は
     とても暖かくなり汗ばむほどでした。
      午前9:45京王線めじろ台駅に集合し、バスでゆりの木台まで行き
     そこから殿入中央公園の方に向かい雑木林の中へ入って行きました。


            ゆりの木台の住宅地
画像


      この左手から階段を登っていきました。

      この辺りの雑木林はよく管理されているようです。下草が刈られ
     枯れた木や不要な木は切られているようです。

画像


      いろいろな雑木がありますが、葉がありませんので、芽や樹皮で
     見分けます。

      アカシデとイヌシデの違いは、アカシデの縦すじは細く、ハッキリし
     た縞模様にならないそうです。また縦方向のうねができやすいそうで
     すが、樹皮だけでは区別が難しい場合もあるそうです。
      また、アカシデの芽は赤く、ムシコブでも分かるそうです。

     でも、私にはムシコブはよく分かりませんでした。

  アカシデ(カバノキ科)             アカシデ(カバノキ科)画像画像















   アカシデの芽                 アカシデのムシコブ
画像画像










      コナラの樹皮は縦にはっきりと裂け、裂け目の間には平滑面が残
     るそうです。しかし、老木では平滑面が減って裂け目も深くなるそう
     です。
      クヌギの樹皮は深く裂け、裂け目の間に平滑面は残らずその断面
     は山形となるそうです。老木では裂け目がつまってきて、コナラと紛
     らわしいこともあるそうです。


   コナラ(ブナ科)                クヌギ(ブナ科)画像画像















   エゴノキ(エゴノキ科)?             ヤマザクラ(バラ科)?
画像画像
















      マヤラン(ラン科)の実です。

画像


  ヤブムラサキ(クマツヅラ科)            ニワトコ(スイカズラ科)画像画像










   ツリバナ(ニシキギ科)              ハリエンジュ(マメ科)画像画像
















      ハリエンジュの葉痕はコウモリの顔に似ていますでしょうか。
      小さすぎてわかりませんね。

      このような雑木林です。

画像


      雑木林の中には、たくさんのドングリ(コナラの実?)が落ちてい
     ました。すでに根が出て地中深く延ばしているようでした。
      しかし、昨年芽が出て小苗になっているものはほとんど見つかり
     ません。従って、根は出せても苗になって大きくなれるものはほと
     んどないということでしょうか。

画像画像










  ウワミズザクラ(バラ科)?            ホオノキ(モクレン科)画像画像
















      絶滅危惧種のヤブムグラの自生地が、囲われて保護されて
     いました。
      やはり、このような貴重な種類のものは、環境の保全や保護
     と、守るという皆の意識が大切なんだと思います。

画像


      少し下ると谷戸があり、殿入中央公園の方へと続いていました。

画像


      カラタチバナの園芸種のシロミタチバナがありました。
      鳥が種を運んだのでしょうか。

画像


      谷戸の中の水の中にはヤマアカガエルの卵がありました。
     寒天のような中に黒いオタマジャクシの元?がたくさん入ってい
     ました。
      酢醤油で食べるとおいしいなどと、冗談を言っている方がおられ
     ました。

画像画像










      殿入中央公園の下に着きました。今日はここで食事となりました。

      この周りで見られた、木の実、木の芽、鳥などです。

  ツルウメモドキ(ニシキギ科)         ツルウメモドキ(ニシキギ科)画像画像










      実はほとんどありませんね。

   オニグルミ(クルミ科)              オニグルミ(クルミ科)画像画像















      やはり、葉痕がヒツジの顔に見えますでしょうか。

  ミズキ(ミズキ科)                 ミズキ(若木)画像画像










      若木の枝先は真っ直ぐでのびのびしていますが、成木(老木?)の
     枝先は曲がって、それぞれ個性があるように思いますが、人間と似て
     いるのですかね。

      小鳥が近くにいましたがアオジでしょうか。

画像画像










      遠くの木の上にカラスの空の巣?がありました。

画像


      お昼からの、この続きは次回にいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の雑木林−1 気まぐれな多摩散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる